同愛記念病院アレルギー呼吸器科へようこそ

同愛記念病院アレルギー呼吸器科は、日本で最初にアレルギー科を標榜した由緒ある科です。開設以来、気管支喘息をはじめとするアレルギー性呼吸器疾患の診療で多くの実績を挙げてまいりました。現在は、気管支喘息のみならずCOPD、間質性肺炎、細菌性肺炎などの呼吸器疾患一般を広く専門とし、最先端の医療を行っております。

受診される患者さんに対して、親切でかつ高度の医療を提供することはもちろんのこと、それに加えて学会活動、講演等にも力を入れ全国に向けて情報発信することで、当院にご来院できない患者さんへも少しでも質の高い医療がご提供できる一助となりたいと考えております。

加えて、当科は日本呼吸器学会と日本アレルギー学会の認定研修施設です。次代を担う若手医師の教育も大切な任務であると考えています。専門医の取得をサポートするとともに、日常臨床を通じて、知識、技能が自然に身につくように配慮しています。


外来担当医師表については「診療スタッフ紹介」をご覧ください。 

当科からのお知らせ

 

  • 2017年02月01日 New!

当科後期研修医の小倉直人先生の初の執筆論文が「The American Journal of Medicine」オンライン版に掲載されました。インパクトファクターは5.610 (2015年)です。

  • 2016年3月4日

当科では、常勤医および後期研修医の入職申し込み受け付けを再開しております。ご入職時期も相談に応じますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。当科における後期研修の特徴は、「教育および研修制度」をご参照ください。

 

 

最新情報

  •  2017年3月1日 New!

河野雄太先生が当科医長に昇進されました。 

 

お知らせ

 当科への常勤医師としてのご入職に関するお問い合わせは、ym_to@yahoo.co.jp (部長 黨 康夫:とう やすお)にご連絡ください。なお、患者さまのご病状などに関するご質問は医師法抵触の恐れ(無診察診療)がございますので受け付けできません。

 後期研修希望者や(現在ほかの病院に勤務されている先生の)期間限定の国内留学のお問い合わせも同アドレスにて受け付けております。

アレルギー呼吸器疾患以外のご専門をお持ちの先生で、期間限定でアレルギー呼吸器疾患のトレーニングのご希望も歓迎いたします。